入会前に知っておきたいQQ Englishの7つの注意点・デメリット

QQ English

QQ Englishはいい先生が多いって評判みたいだけど、デメリットはないのかな?

QQ Englishをやってみたいけど、やるからには失敗したくない。事前にデメリットを知っておきたいな。

QQ Englishは、オンライン英会話の中でも、講師の質にこだわったスクール。やっぱりいい先生に習えば、英語力も伸びるし、何より続けやすいですよね。

とはいえ、どのオンライン英会話でも、注意点やデメリットがないわけではありません。そこでこのページでは、QQ Englishの注意点やデメリットについて解説していきます。

結論として、ポイントやキャンセルのルールに気をつけないと割高になったりポイントが無駄になったりする、また、先生はフィリピンの方だけで周辺サービスやアプリがもう一歩、といった注意点やデメリットがあるものの、質の高い先生のレッスンがリーズナブルな料金で受けられ、十分コスパがよい、と言えると思います。

それでは、詳しく見ていきましょう。

この記事を書いた人
カランキャンパー

ネイティブキャンプのカランメソッドに挑戦中の会社員。
学校の成績はいいのに会話・リスニングは全くダメ
⇒ 音読と瞬間英作文に取り組む
⇒ TOEIC270点アップ!
⇒ ネイティブキャンプでカラン200レッスン超え
⇒ TOEICスピーキング170点到達!(200点満点)

カランキャンパーをフォローする

QQ Englishの7つの注意点・デメリット

レッスン数や先生のレベル、カリキュラムによっては割高になる

デメリットの1つ目は、レッスンの受け方によっては、他社よりも高額になるということ。

まず、QQ Englishの料金の仕組みについて知っておきましょう。次のようになっています。

  • レッスンは「ポイント」を使って受ける。
  • ポイントは、月額4,053円=400ポイントから購入できる。
  • レッスンに必要なポイント数は先生のレベルによって異なり、50ポイントから。
  • 英検面接対策など、ポイントが余分に必要なカリキュラムがある。

例えば、50ポイントの先生を選んだ場合、400ポイントで8レッスンできるというわけです。

このようにポイントでレッスンを受けていくので、レッスンをたくさん受けたり、レベルの高い先生を選んだり、特定のカリキュラムを選ぶと、たくさんのポイント購入が必要になります。

毎日レッスンしたい場合だと、月額10,648円=1,500ポイント=30レッスン(50ポイントの先生の場合)となり、他社のオンライン英会話に比べると割高になってしまいます。ネイティブキャンプは月額6,480円で受け放題、DMM英会話だと月額6,480円で1日1レッスンですからね。

とはいえ、リアルの英会話スクールよりは遥かに安いですし、この料金で質の高い先生のレッスンを受けられるのであれば十分コスパはいいと思います。

※料金についての詳細は、↓こちらのページをご覧ください。

【注意点3つ】QQ Englishの料金プラン徹底レビュー!
QQ Englishを始めてみたいけど、料金プランがよく分からない…講師の質が高い、カランメソッド正式認定...

月額料金で買ったポイントは翌月に繰り越せない

2つ目のデメリットも料金について。先ほど触れたように、ポイントは月額料金を払って購入するのですが、そのポイントは翌月に持ち越すことができません。

月額料金は以下の3つのプランから選べます。このポイントが翌月に持ち越すことができず、購入してから1ヶ月の間に使い切らなくてはいけないのです。

月額料金(税込)ポイント最大レッスン回数
4,053円400ポイント月8回
7,348円800ポイント月16回
10,648円1,500ポイント月30回

「今月は忙しくレッスンができなかった!」というときには、ポイントが無駄になってしまうので、注意が必要です。

なお、「1日1レッスンまで」といった制限はないので、ポイントがあまっていたら、1日で一気に消化するといったことも可能です。

補足

ポイントは追加購入もできるのですが、そのポイントは期限なく使えます。

高ポイントの先生しか予約できないことがある

先ほど解説したように、QQ Englishの先生は、レベル別に分かれていて、必要なポイント数が異なります。

50ポイントの先生を選べばたくさんレッスンをすることができるわけですが、日にちや時間によっては、高ポイントの先生しか残っていないこともあります。

できるだけ50ポイントの先生を選びたい場合は、早めに予約を入れる必要があります。特に、平日夜や土日など、生徒が多い時間帯は要注意です。

キャンセルのルールが厳しい

予約したレッスンをキャンセルするとき、使ったポイントが戻ってくる場合があるのですが、この条件が結構厳しいです。具体的には次のとおり。

  • レッスンの12時間前まで → ポイント100%返還
  • レッスンの1時間前まで → ポイント50%返還
  • レッスンまで1時間未満 → ポイント返還なし
  • 無断キャンセル → ポイント2倍消費

例えば、夕方5時に予約していたとすると、100%返還のキャンセル期限は、朝の5時。実質的には前日の夜までにキャンセルしなければいけないことになりますね。

予定が変わりやすい人は要注意です。

ネイティブや日本人の先生はいない

続いてのデメリットは、先生の国籍について。QQ Englishはフィリピンの先生だけで、ネイティブスピーカーや日本人の先生はいないですし、フィリピン以外の非ネイティブの先生もいません

「ネイティブスピーカーのきれいな発音で勉強したい」「初心者だから日本人の先生に習って、質問も気軽にしたい」「いろんな国の先生と話してみたい」といった人にはちょっと不向きです。

ただし、フィリピンの先生の英語はきれいですし、優しくて褒め上手。他の国の先生よりも、圧倒的にオススメなので、この点はあまりデメリットにならないと思います。

お得な周辺サービスは少ない

他社のオンライン英会話では、レッスン以外に様々なサービスが充実している場合がありますが、QQ Englishにはあまりそうしたサービスがありません。

例えば、ネイティブキャンプでは、「多読多聴のコンテンツが無料」「スピーキングテストが月1回無料」といったサービスがあり、レッスン外でも学習を充実させることができます。

こうしたサービスはQQ Englishにはあまりないので、ややお得感に欠けるかもしれません。

専用アプリが使いづらい

QQ Englishには専用のアプリがあります(iOS、Android)。他のオンライン英会話では、レッスンのためにSkypeを使う場合もありますが、QQ Englishではそうした手間もなく、予約からレッスンまでこのアプリ1つで行えるのでとても便利です。

ただ、このアプリの完成度は、まだあまり高くありません。予約画面が使いづらかったり、画面が真っ白になるなどの不具合があったりします。App Storeの評価も2.8と低めになっています。

アップデートはそれなりの頻度で行われているので、今後の改善に期待です。

まとめ:ポイント制度や周辺サービス、アプリなどに注意が必要だが、質の高いレッスンがコスパよく受けられる

このページでは、QQ Englishの注意点やデメリットを解説しました。

予約のシステム、ポイントの期限、キャンセルルールについて注意しないと、割高になったりポイントが無駄になったりしてしまう、先生はフィリピンの方だけ、周辺サービスやアプリがもう一歩、といったところが注意点でした。

ですが、こうした注意点に気をつけながら、ポイントを有効活用して進めていけば、質の高いレッスンがリーズナブルに受けられます。特に、英会話初心者、オンライン英会話は初めてといった人にとっては、十分おすすめできるオンライン英会話です。

今回の解説を参考に、ぜひ検討してみてくださいね。

\高品質レッスン2回分無料!クレカ登録なし!/
タイトルとURLをコピーしました