どこまでやれば効果でる?カランメソッドの公式見解から調査!

カランメソッド

カランメソッドはレベルが12まであるらしいけど、どこまでやると力がつくのかな? 何時間くらいやると話せるようになるのかな?

「4倍速で英語が身につく」とも言われるカランメソッド。本当に効果があるのか疑問に思いますよね。また、何時間やれば効果が出るのか、どのステージ(レベル)までやれば効果が出るのかも気になるところ。

そこでこのページでは、公式の情報などをもとに、何時間・何日でどのくらいの効果が得られるのか解説します。

結論を先に言うと、1つのステージには1ヶ月前後かかり、一般的なスピーキング力が身につくとされるステージ10までは1年弱かかる(1日1レッスンの場合)という感じです。

このあと詳しく解説しますので、カランメソッドを始めようか迷っている人の参考になればと思います!

※実際にカランをやった人が効果をどう感じているかについては以下のページで解説しているので、合わせてご覧ください↓

【効果ない?→効果実感!】カランメソッド7ヶ月継続のレビュー!
このページでは、ネイティブキャンプでカランメソッドを7ヶ月間続けた効果を解説!「カランって効果あるの?」と疑問に思っていませんか?「4倍速で英語が身につく」というのは言いすぎですが、実際に効果を実感しています! 他の人の口コミや感想、評判とともに解説します!
この記事で分かること
  • 自分が目指す力に到達するまで、何時間・何日かかるか分かる
  • カランメソッドの各ステージにかかる時間や身につく力が分かる
  • TOEICスコアがどこまで到達するか分かる
1000円→5000円分のコインプレゼント中!/
この記事を書いた人
カランキャンパー

ネイティブキャンプのカランメソッドに挑戦中の会社員。
学校の成績はいいのに会話・リスニングは全くダメ
⇒ 音読と瞬間英作文に取り組む
⇒ TOEIC270点アップ!
⇒ ネイティブキャンプでカラン200レッスン超え
⇒ TOEICスピーキング170点到達!(200点満点)

カランキャンパーをフォローする

かかる時間と到達できるスキルレベルをざっくり解説

では、はじめにカランメソッドの各レベル(ステージ)にかかる時間と到達できるスキルレベルを表でざっくり見てみましょう。

なお、日数については、25分のレッスンを1日1回受けたとして計算しています。

ステージ累積時間累積日数CEFR
レベル
到達できる
会話力
110時間24日A1
220時間48日A1
330時間72日A1~2
440時間96日A2~B1簡単なやりとり
ができる
555時間132日B1
670時間168日B1
785時間204日B1~2日常会話ができる
8100時間240日B2
9115時間276日B2
10130時間312日B2〜C1スムーズな
日常会話ができる
11145時間348日C1
12160時間384日C1複雑な会話ができる

ムーズな日常会話ができるステージ10までで130時間、1年弱ですね。

全ステージクリアするには、160時間(1年強)必要で、これでC1レベル(上級者)まで到達できるということになっています。

それでは、以下で詳しく見ていきましょう。

カランメソッドのレベルとかかる時間

1つのレベルにかかる時間

カランメソッドにはレベルが設定されていて、「ステージ」と呼ばれています

先ほどの表のように、ステージは1から12まであります。そして、それぞれに1冊ずつテキストがあります(計12冊)。

ネイティブキャンプ公式サイトより

各ステージにかかる時間については、10時間~15時間とされています。

1ステージにかかるレッスン回数、日数

1ステージ10~15時間というのは、レッスン回数に直すとどれくらいでしょうか。

オンライン英会話では1回25分のレッスンが一般的です。これをもとに計算すると、1つのステージにつき24~36レッスン必要ということになります。

当たり前ですが、もし1日1レッスンのペースで学習したとすると、1つのステージに24日~36日(1ヶ月前後)かかるということですね。

なお、カラン機構によると、望ましいレッスン頻度は「1日50分のレッスンを週5日」となっています。「平日2レッスンずつ」というイメージですね。

先ほどの表は「1日1レッスン」という仮定でつくっているので、仮に「1日2レッスン」のペースで学習すれば、必要日数はさらに短縮されることになります。

1日2レッスンなら、先ほどの表の日数が半分になり、総日数は192日となりますね。カラン推奨ペースの場合、週2日はお休みなので、192日分やるのに9ヶ月くらいかかることになります。

到達するスキルレベル(CEFR)について

CEFRとは?

先ほどの表では、CEFR(セファール)というもので到達するスキルレベルを示しました。

CEFRは外国語の到達レベルを示す国際標準の指標です。A1からC2までの6段階あり、それぞれのレベルでできることは、以下のように設定されています。

レベルできること
A1日常生活でよく使われる基本的な表現や言い回しを理解し、ゆっくりとであれば簡単なやりとりができる
A2身近で日常的なことがらについての文やよく使われる表現が理解でき、簡単なやりとりができる。
B1社会生活での身近な話題について理解し、自分の意思とその理由を筋の通った文章で簡単に説明できる。
B2社会生活での幅広い話題について、複雑な文章でも主要な部分を理解できる。ネイティブと自然な会話ができ、明確かつ詳細に自分の意見を表現できる。
C1広範囲にわたる高度で複雑な話題を理解できる。自然で流暢に自己表現ができ、目的に合った適切な言葉を使って論理的な主張や議論もできる。
C2聞いたり読んだりしたほぼすべての話題を容易に理解し、その内容を論理的に再構成して、ごく細かいニュアンスまで正確に表現できる。

CEFRのレベルとカランメソッドの学習時間

カランメソッドは、このCEFRを参考に学習内容が組み立てられていて、その対応は先ほどの表のとおりです(以下に再掲します)。

ステージ累積時間累積日数CEFR
レベル
到達できる
会話力
110時間24日A1
220時間48日A1
330時間72日A1~2
440時間96日A2~B1簡単なやりとり
ができる
555時間132日B1
670時間168日B1
785時間204日B1~2日常会話ができる
8100時間240日B2
9115時間276日B2
10130時間312日B2〜C1スムーズな
日常会話ができる
11145時間348日C1
12160時間384日C1複雑な会話ができる

A2、B1、B2、C1に達するところを太字にしてみました。このあたりが1つの目標地点になるのではないかと思います。

つまり、

  • 身近なやりとりがかんたんに話せるA2に到達するのに、40時間(96日)
  • 生活の話題が話せるB1に到達するのに、85時間(204日)
  • 生活の話題がスムーズに話せるB2に到達するのに、130時間(312日)
  • 複雑な話題が話せるC1に到達するのに、160時間(384日)

ということになりますね。

実はステージ10まででもOK

ここまででご紹介したように、カランメソッドのレベルは、ステージ1から12までの12段階ありますが、実はステージ10まででもOKです。ステージ10までで終了するスクールも多いようです。

ステージ11と12は、イギリスのケンブリッジ英検の受験者用につくられたステージになっていて、一般的なスピーキング力向上のためであれば、ステージ10まででよいとされています。

したがって、先ほどの表のように、130時間=312日が一般的なスピーキング力を身につけるまでの1つの目安ということになりますね。

TOEICスコアとの関係

この記事をお読みの方の中には、TOIECのスコアアップをねらっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

カランメソッドとTOEICスコアとの対応について、公式に発表されているものはないようです。

ですが、「カランのステージとCEFRの対応」「CEFRとTOIECスコアの対応」は示されているので、これをもとに、カランとTOEICの対応を考えることができます。

表にすると、次のような感じです。

ステージ累積時間累積日数TOEICCEFR
110時間24日120~A1
220時間48日120~A1
330時間72日120~225A1~2
4約40時間96日225~550A2~B1
55時間132日550~B1
670時間168日550~B1
785時間204日550~785B1~2
8100時間240日785~B2
9115時間276日785~B2
10130時間312日785~945B2〜C1
11145時間348日945~C1
12160時間384日945~C1

太字にしたのは、600点と800点のところです。

明確な基準はありませんが、よく「履歴書に書いてPRになるのは600点」「英語を使う仕事につきたいなら800点」といったことが言われるからです。

ざっくり言うと、就職で有利になるスコアをとるには1年弱かかるというイメージですね。

ちなみに、カランはTOEIC対策に最適な学習法というわけではないと思います。例えば、カランにはダイアログや長文読解はいっさいありません。

とはいうものの、カランでは、英語を英語で考える力、リスニング力などが伸びるので、結果的にTOEICにも効果を発揮します。

まとめ:130時間(約1年)かかるが、効果は期待できる

というわけで、このページでは、カランメソッドにかかる時間と到達できるレベルについて、カラン機構の公式の情報などをまとめてみました。

一般的なスピーキング力を身につけるのに必要なステージ10までで、累積130時間かかります。人によっては、もっとかかるかもしれませんね。

一方でネット上の口コミなどを見ていると、効果を実感している声が多いのも事実。しっかりレッスンを受ける、繰り返し練習するということを続けていけば、効果が出る方法と言えそうです。実際に私も続けていますが、確実に効果を感じています。

挑戦してみようかな!と思った方は、カランメソッドが受けられるオンライン英会話をこちらで紹介していますので、参考にしてみてくださいね↓

【どこよりも詳しい!】カランメソッドおすすめオンライン英会話3選
「カランメソッドをやるにはどのオンライン英会話がいいんだろう?」と悩んでいませんか? オススメできるのは、ネイティブキャンプ、QQ English、イングリッシュベルの3つだけ! 2校で200回以上レッスンした私が、選び方からランキングまで、どこよりも詳しく解説します。
タイトルとURLをコピーしました