【質よし】QQで初カラン! 流れや雰囲気を徹底レビュー!

QQ English

QQ Englishでカランメソッドをやってみたいけど、実際のレッスンはどんな感じなのかな?

カランメソッドを初めてやるけど、初心者だから不安だな…

QQ Englishはカランメソッドに力を入れていて、先生の質にもこだわっているスクール。安心できそうな感じがしますが、やっぱり初めてカランのレッスンをするときは不安ですよね。

そこでこのページでは、実際にQQ Englishのカランを受講した体験レビューをお届けします!

私はネイティブキャンプで200回以上カランのレッスンを受けているので、その経験もふまえて、QQ Englishのレッスンをレビューします。

結論を先に書いておくと、「先生はカランのレッスンに慣れていて、授業の質はネイティブキャンプに比べて安定している。優しくてよい先生ばかりなので、安心して受けられる。」という感じです。

では、詳しく見ていきましょう!

この記事を書いた人
カランキャンパー

ネイティブキャンプのカランメソッドに挑戦中の会社員。
学校の成績はいいのに会話・リスニングは全くダメ
⇒ 音読と瞬間英作文に取り組む
⇒ TOEIC270点アップ!
⇒ ネイティブキャンプでカラン200レッスン超え
⇒ TOEICスピーキング170点到達!(200点満点)

カランキャンパーをフォローする

初のカランレッスン体験レビュー!

3回目のレッスンから通常のカランレッスンがスタート

レッスンの体験レビューに行く前に、QQ Englishでカランレッスンを受けるときの全体的な流れを解説しておきます。次のようになります。

  • Step1
    QQの1回目のレッスンは「First Time Lesson」

    QQ Englishに新規登録した後の初レッスンは、強制的に「First Time Lesson」になります。英語力の判定、おすすめカリキュラムの紹介などです。

    これが終わると、カランを含め、好きなカリキュラムを予約することができるようになります。

  • Step2
    カランレベルチェック

    1回目のカランのレッスンは、カランのレベルチェックになります。カランのどのステージ(レベル)から始めるべきか判定されます。

  • Step3
    通常のカランレッスンスタート

    カランのレベルチェックが済むと、次のレッスンから、通常のカランレッスンになります。このページは、これのレビューになります。

というわけで、通常のカランレッスンが始まるのは、最短でもQQ Englishの3回目のレッスンからということになります。

※レベルチェックの体験レビューはこちらから↓

【安定品質】QQ English初カランメソッド(レベルチェック)体験レビュー!
QQ Englishでカランメソッドをやってみたいけど、レッスンの流れや雰囲気が分からなくて不安…1回目...

自己紹介と雑談のあと、レベル確認

それでは、実際のレッスンのレビューをお届けしていきます。

まずはじめは、音声確認(「Can you hear me well?」など)、自己紹介、短時間の雑談。雑談は、「How are you?」「I’m good.」くらいの短めのものでした。

その後、レベルチェックが済んでいるかを確認されます。このとき、

Did you finish Callan prova?

と聞かれました。

私ははじめ意味が分からず、あたふたしてしまったのですが、このCallan provaは1回目のレベルチェック・ガイダンスのことを指しているそうです。皆さんは慌てずにYesと答えましょう。

そして、「ステージ4からスタートで合ってますか?」のように、レベルチェックで判定されたレベルを確認されます。合っていたので、Yes!と答えて、いよいよレッスンスタートです。

さっそく質問・回答トレーニング

レベルの確認が終わると、いよいよレッスンスタート。レッスン開始から1~2分でここまで来るので、かなりさくさく進む印象ですね。

レッスンでは次のような、新出単語の解説、質問・回答トレーニングをやっていきます。

Repeat. “wife”.

(新出単語をリピートするよう指示される)

“wife”.

“wives”.

“wives”.

Listen. “wives” is the plural of “wife”. For example …

(新出単語を解説してくれる)

Let’s practice.
What’s the plural of wife?
What’s the plural of wife?

(質問が2回読まれる)

The plural of wife …

(先生が回答をすぐ言い始める)

The plural of wife …

(先生のリードに乗っかりながら答える)

is wives.

is wives.

Do husbands in this country generally help their wives in the house?

Do husbands in this country generally help their wives in the house?

(次の質問が読まれる。質問が1つだけの場合は、次の新出単語のリピートになる。)

レッスンの流れをあらためてまとめる次のようになっています。

  • 新出単語をリピート(発音確認)
  • 新出単語の意味や例文を先生が解説
  • 新出単語を使った質問・回答トレーニング

この一連の流れを New workと言います。

※上のやりとりを見て「plural(複数形)なんて初めて聞いた!」という方もいるかもしれませんね。カランでは文法用語が結構出てくるので、あらかじめ知っておいたほうが良いです。↓以下のページにまとめているので、参考にしてくださいね。

【オンライン英会話頻出】初心者が知っておきたい英語の文法用語を発音付きで解説!
オンライン英会話で英文法の勉強を始めたけど、文法用語が難しくてついていけない…オンライン英会話の先生は、ほ...

進捗確認をして終了

New workをひたすら続けて、25分たつとレッスンは終了。最後に、先生が進捗確認をしてくれました。

Your progress is Stage4, Paragraph 216, last head word is “hill”.

Your teacher will start from the next head word next time.

このように、カランの進捗は「パラグラフ番号」で管理されます。ページ番号のようなもので、テキストに書いてあります。

“head word”というのが、新出単語のこと。上の例は「ステージ4のパラグラフ216、新出単語hillまで進みました」ということになります。

初レッスンはNew Workのみ

先ほど書いたように、初レッスンでは、New Workを約25分間続けます。なかなかヘビーで疲れます。

しかし、通常のカランレッスンは、次のような流れで進みます。

  1. 自己紹介、雑談
  2. Daily Revision(前回までの復習)
  3. New Work
  4. Reading(テキストの音読)またはDictation(書き取り)
  5. 進捗確認と終わりの挨拶

今回のレッスンは初回なので、復習する部分がなく、Daily RevisionとReading・Dictationはありませんでした。次回のレッスンから始まっていくというわけですね。

その後のレッスンのレビュー

以上が初回レッスンの流れでした。次に、以降のレッスンについても簡単にレビューしておきます。

先ほども書いたように、初回はNew Workのみでやや特殊なレッスンになるので、以降も見ておいたほうが分かりやすいかと思います。

前回レッスンの進捗確認からスタート

いつものように、音声確認、自己紹介、短い雑談があった後、前回のレッスンの進捗確認がありました。

Your last progress was Stage4, Paragraph 216, last head word was “hill”.

Is that correct?

のような感じで聞かれました。「Yes. That’s right.」と答えて、確認完了です。

前回の復習からスタート

そしてレッスンスタート。まずは前回の復習(Daily Revision)です。

Let’s start Daily Revision. Are you ready?

I’m ready!

All right!

What’s the plural of wife?
What’s the plural of wife?

The plural of wife is wives.

The plural of wife is wives.

Do husbands in this country generally help their wives in the house?

Do husbands in this country generally help their wives in the house?

Husbands in this … (以降省略)

このように、前回までに学習した部分について、質問・回答トレーニングだけ再度行われます。新出単語のリピートや解説はありません。

質問・回答トレーニングのやり方自体はまったく同じ。ただし、先生によっては、質問の読み上げや回答のリードが前回よりもさらに高速になる場合もありました。「1回やったんだからできるでしょ!」という感じでしょうか。

結構時間がかかって、レッスンの半分くらいの時間は復習になりました。

New Workは前回と同様

Daily Revisionが終わると、前回同様、New Workになります。新出単語のリピート、解説、質問・回答トレーニングの流れです。

時間としては、レッスン全体の20%~30%くらいかなと思います。

最後の約5分でテキストの音読

レッスン時間が残り5分前後になったところで、Readingパートに移りました。

Readingパートでは、これまでに学習した部分について、テキストの音読をします。ひたすら自分で音読し続け、先生は発音の間違いなどを指摘してくれます。

ここで少しトラブル発生。

Do you have the Callan textbook ?

と聞かれ、「持ってます!」と答えたのですが、私が持っていたのはステージ4のテキストで、先生からはステージ3を音読するように指示が…。レベルチェックでステージ4と判定されたので、ステージ4のテキストを用意していたんですよね。ちょっと慌ててしまいました。

ですが、実際は全然問題ありませんでした。先生に、ステージ4のテキストしかないと伝えると、画面上にテキストを表示してくれました! QQ Englishのサイトにこのような説明はなかったので驚きましたが、便利なサービスです。

画面上には、テキストは1ページしか表示されないのですが、私が読み終わるとタイミングよく先生がページをめくってくれます発音の間違いも的確に指摘してもらえました。

そして、レッスン終了時間になると、音読をストップして、進捗確認して、完了です。

最後がディクテーションになる場合も

最後のパートは、音読ではなく、ディクテーション(書き取り)になる場合もあります

具体的には、先生が文章をその場で読み上げ、それを聞き取って、チャットボックスに打ち込んでいきますできあがったら送信し、先生が合っているかチェックしてくれます。

扱われる例文は、上の画像にあるようなもので、それほど長くなく、難しくはありませんでした。

初レッスンの感想

では最後に、実際にレッスンを受けた感想をいくつか書いてみたいと思います。特に、ネイティブキャンプとの比較をしながら、お伝えします。

先生がカランに慣れていて安定している

カランメソッドに力を入れているだけあって、先生方はみんなカランのレッスンに慣れている印象でした。

ネイティブキャンプにもいい先生はたくさんいるのですが、ときどき「あれ、この人、あんまりカランやったことないのかな」と思う先生がいます。進め方をよく理解していなかったり、テキストを開くのにやたらに時間がかかったり…

その点QQ Englishの先生は安定感が違います。もちろんいろいろな先生がいて、「きのうの先生に比べると、ちょっと上手くないかな」と思うことはあるものの、全体的なレベルが高いので、安心してレッスンを受けることができました

誤りの指摘が的確

QQ Englishの先生は、全体的に発音や文法間違いの指摘が丁寧でした。

カランメソッドでは、発音が間違っていたり、文法やa、theの使い分けが間違っていたりすると、すぐに指摘が入り、もう一度言い直させられます。

ネイティブキャンプの先生ももちろん指摘はあるのですが、結構見逃してしまう先生も少なくないんですよね。

QQ Englishも人によるところはありますが、全体的には見逃しが少なく、的確に指摘してもらえる印象です。

とはいっても、オンライン英会話なので、タイムラグやノイズなどのせいで、完璧に間違いを指摘するのは、そもそも難しいと思います。

レッスン中にディクテーションがある

先生の違い以外にも、レッスン内容に若干の違いがありました。ディクテーションがあるところです。

カランメソッドのレッスンは、カラン機構というところに管理されていて、レッスンのやり方は一律に決められています。なので、カラン機構の認定を受けているところであれば、レッスン内容は基本的に同じ

なのですが、ディクテーションの部分は、QQ Englishとネイティブキャンプとで違っていて、QQ Englishはレッスン中にやりますが、ネイティブキャンプではレッスンで扱われることはなく、自習に任されています

どちらがよいかは微妙なところですが、ディクテーションは結構時間と労力のかかる勉強法なので、1人で続けていくのは大変かもしれません。先生と一緒にやったほうが、続けやすいかもしれないと思いました。

レッスンはパソコンで受けたほうよい

QQ Englishのレッスンはスマホでも受けられますが、カランのレッスンはパソコンで受けたほうがよいと感じました。

先ほども書いたように、レッスンの最後にディクテーションがある場合があります。チャットボックスに英文を打ち込まなければいけないので、やはりキーボードのついたパソコン(またはタブレット)のほうが便利です。

また、これはたまたまかもしれませんが、スマホでレッスンを受けたとき、画面上にずっとキャンペーン情報が表示されていて(口コミを投稿するとレッスンチケットがもらえるというもの)、なんだか気になってレッスンに集中しづらかったです。

まとめ

このページでは、QQ Englishのカランレッスンの体験レビューをお伝えしました。

先生の質が高く、カランにも力を入れているQQ English。実際にレッスンを受けてみると、やはりその点は強く感じられました。先生はカランについてよく理解していて、レッスンの進め方もスムーズ。発音や文法間違いも見逃さず、充実したレッスンでした。

カランメソッドを中心にやっていきたい!という人には、QQ Englishは最適なスクールの1つ。このページも参考に、ぜひ自分にあったスクールを見つけてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました