【お得な買い方も】 カランメソッドのテキストの内容・レベルを徹底レビュー!

カランメソッド

カランメソッドで英語を学習したいけど、テキストはどんな内容になってるのかな?

英会話のテキストってだいたい高いんだよな… お得に買う方法はないのかな?

カランメソッドが気になっている人の中には、実際にどんな表現・文法を学ぶのか、テキストにはどんなことが書かれているのかなど、教材・テキストについて知りたい方も多いのではないでしょうか。

そこで、このページでは、カランメソッドのテキストの中身やステージ(レベル)ごとの内容について解説します。

また、購入方法やお得に買う方法もあわせて解説します。

ぜひ最後までご覧くださいね。

この記事で分かること
  • カランメソッドのテキストの紙面構成ステージ(レベル)ごとに学習する表現や文法が分かる
  • 実際のレッスンでのテキストの使い方が分かる
  • テキストの購入方法、お得な買い方が分かる
  • そもそもテキストを買うべきかが分かる
この記事を書いた人
カランキャンパー

ネイティブキャンプのカランメソッドに挑戦中の会社員。
学校の成績はいいのに会話・リスニングは全くダメ
⇒ 音読と瞬間英作文に取り組む
⇒ TOEIC270点アップ!
⇒ ネイティブキャンプでカラン200レッスン超え
⇒ TOEICスピーキング170点到達!(200点満点)

カランキャンパーをフォローする

カランメソッドのテキスト・教材の概要

では、まず、カランメソッドのテキストの概要を見ていきましょう。

テキストはカラン機構が作成

カランメソッドのテキストは、イギリスのカラン機構が作成しています。カラン機構はカランメソッドを管理する団体で、テキストやアプリの作成、スクールの認定・紹介などをしています。

カランメソッドのレッスンは、必ずこの公式テキストを使って行われます。どのスクールに入っても、使うテキストは同じというわけです。

以前は古い表現や単語が多かったそうですが、2012年にテキストが改訂され、かなり改善されました。

テキストは12冊構成

カランメソッドでは、ステージと呼ばれるレベルが設定されていて、ステージ1から12まであります。

テキストもそれに合わせて12冊あります。

また、ビジネス英語向けの「ビジネスカラン」子ども向けの「カランキッズ」もあります。ビジネスカランは1冊構成、カランキッズはステージ1から6までの6冊構成です。

紙媒体の本と電子書籍がある

カランメソッドのテキストには、通常の紙のものももちろんありますが、電子書籍版もあります。

Kindleなどの汎用的なものではなく、カラン機構がつくった専用のアプリで読むことができます。

電子書籍版には、単語や文章の音声も付いていて、速度の調整などもできるようになっています。

書籍というより、アプリに近いイメージです。

カランメソッドのテキスト・教材の中身

では、次に、テキストの中身を見ていきましょう。

テキストの構成

実際のテキストの中身はこんな感じ↓ ちなみに、ステージ1(レベル1)の序盤のほうです。

カラン機構公式サイトより

ご覧のように、テキストは
 「新しい表現や単語」
 「それを使った質問文+回答文」
で構成されています。

例えば、上の例では「in front of」「behind」「me」「you」が新しい表現や単語。

その次の「Where’s the tabel?」「The table’s in front of me.」が質問文と回答文ですね。

基本的に、この構成がひたすら続きます。

新出表現・単語については、「in front of」と「behind」のように対になっていたり、「Monday」「Tuesday」「Wednesday」…のようにセットになっていたりすることが多いです。

実際のレッスンでは、新出表現・単語の確認のあと、先生がその意味や使い方、例文などを解説してくれます。

テキストにはその解説が原則載っていませんが、一部のものについては載っています。

補足

途中に「See chart」というのがありますが、これは「図や絵を見なさい」という指示。巻末に図や絵が載っているので、それを見て質問に答えなさいということです。

各ステージの内容

それでは各ステージの内容について見ていきましょう。

カランメソッドの認定校「イングリッシュベル」の公式サイトにある内容を要約して表にまとめてみました。

ステージ内容例
1・be、haveなどの動詞
・現在進行形(~ing)
・主語・目的語(I、she、me、themなど)
2・現在形と現在進行形
・any、some
・所有代名詞(mine、hersなど)
・比較級(more than、the leastなど)
3・比較級・最上級(as many asなど)
・副詞(quickly、often、neverなど)
・過去形
4・過去形の不規則動詞(drankなど)
・未来形(wil、going to)
・現在完了形(have eatenなど)
・仮定法
5・過去進行形(was sleepingなど)
・受動態(is writtenなど)
・再帰代名詞(myselfなど)
・過去完了形(had studiedなど)
・未来進行形(will be working)
・仮定法の過去完了
6・間接話法(You told me that she would succeed.など)
・使役(He had his dinner cooked by his motherなど)
・未来完了形(You will have written.など)
・連続的な過去(You had been writing.など)
7・有益なフレーズ(a great deal ofなど)
・慣用語(get on someone’s nerves)
など
8・多くの語彙、フレーズやイディオム
・「wish」のような特定の単語に関連する文法(I wish she were here.)
・助動詞の過去時制(They should have realizedなど)
9・さらなる新しい単語や表現
・より自然で効率的なコミュニケーションに目標を絞った内容
10・多くの語彙を集中的に学習
11・1700以上の新しい単語、表現や句、動詞、倒置法、縮約関係詞節
・役に立つ連語(on loanなど)
・初期の単語からなる新しい表現(strike a balanceなど)
12同上

おおよそですが、文法レベルとしては、ステージ4くらいまでが中学校レベルですね。

ステージ5〜6くらいが高校で,それ以降は文法というよりも、表現や語彙を増やしていくという感じです。

テキストの使い方

では、次に、このテキストの実際の使い方をご紹介したいと思います。

レッスン中、テキストを見るのは禁止

実は、カランメソッドでは、レッスン中にテキストを見ることは禁止されています。

テキストに書かれている表現や単語、質問文は先生が読み上げます。

生徒は、先生の話すものをその場で聞いて、理解し、質問に答えます。

これによってリスニング力も鍛えることができます。

リーディングパートではテキストを開く

レッスン中はテキストを見ないといったばかりですが、実はレッスンの最後のリーディングパートでは、テキストを使います

すでに学習済みの部分について、テキストの単語や例文を、声を出して読み上げていきます。

復習には使用可能、予習はNG

レッスンが終わった後、テキストを見て復習をするのはOKです。というより、やったほうが望ましいと思います。

一方で、予習は許されていません

事前にテキストを見て表現を覚えたり、質問に対する回答を練習したりするのはダメです。

理由は、レッスン中にテキストを見てはいけないのと同じ。

カランメソッドでは、あくまでレッスンのその場で聞き、答えることが重要です。それによって、英語で考える瞬発力を鍛えていくのです。

購入方法・価格

では、購入方法や価格について見ていきましょう。

購入方法

カランメソッドのテキストはふつうの本屋さんには売っていません。カランのレッスンを提供しているスクール経由で購入するのが一般的です。

例えば、私が入っているネイティブキャンプでは、オンラインストアが用意されていて、レッスンで使う様々な教材が買えるようになっています。

この中の1つにカランのテキストもあります。

手順にそってクリックしていくだけで簡単に購入できます。

価格

価格はスクールによって若干異なるようですが、ネイティブキャンプでは、次のような価格になっています(いずれも税込み)。

種類通常価格
(1巻あたり)
電子書籍版
(1巻あたり)
カランメソッド1,800円1,600円
ビジネスカラン2,700円2,400円
カランキッズ2,400円2,100円

先ほどご紹介した電子書籍版のほうが少し安くなっていますね。

お得に購入する方法

いまご紹介した価格を見てみると、まあまあ高いですよね。1冊1,800円ですから、ステージ12までそろえたら21,600円です。

できれば賢く購入したいところ。

そこで最後にお得に買う方法をご紹介します。

電子書籍版を買う

お得に買う方法の1つは、先ほども書いた電子書籍版を買うこと。若干ではありますが、安く買うことができます。

また、電子書籍版なら、音声もついているので、内容面でもお得です。

スマホさえあればどこでも見られるのも便利ですね。

「スマホで見るとなると、スマホでレッスンを受けているときには見られないのでは?」
と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

たしかにそのとおりで、「テキストはタブレットで見て、レッスンはスマホ」のように2台必要になります。

デバイスが複数ない場合は、紙の本を買うしかなくなってしまいますね…。

ネイティブキャンプでは、レッスンのリーディングのときだけ、画面上にテキストが表示されます。自分のテキストを開かなくても大丈夫なようになっています。

※紙の本とeBookのどちらを買うべきかは、こちらの記事で詳しく解説しています。合わせてご覧くださいね↓

【結論eBook】カランメソッドのテキストは紙? eBook?
カランメソッドのテキストには、通常の紙のテキストと電子書籍版のeBookがあります。初めての方だと、どっちを買えばいい...

中古で購入する

お得に購入するもう1つの方法は、中古を活用すること。

例えば、メルカリでカランメソッドのテキストを探してみると、結構見つかります。

定価1,800円のものが、1,300円〜1,400円くらいで売られているので、2〜3割引きくらいですね。

多少でも安く買いたい!という方にはよい方法と言えそうです。

むしろ学習が終わった後に、メルカリなどで売ってしまうのが賢い方法かもしれません。カランはあくまで英語の瞬発力を鍛えるものなので、学習が済んだあとに何度も見返すということはあまりないかと思います。

そもそもテキストは買うべき?

先ほども少し紹介しましたが、私が使っている「ネイティブキャンプ」では、テキストがレッスン中に表示されます。

つまり、テキストを買わなくても、レッスンは受けられてしまうわけです。

ですが、テキストは絶対買った方がいいです!

カランのレッスンはすごく速いので、レッスン中に聞き取れないこともよくあります。テキストがないとそれを確認することができず、とてもキツいです。

また、カランメソッドでは、復習がすごく重要だと私は思っています。テキストを見て、何度も声に出すことが英語力アップに不可欠だと思います。

少しお値段はしますが、購入をオススメします!

まとめ:カランのテキストは、新出表現と例文で構成され、全12冊! 少し高いけど必ず買うべき!

いかがでしたでしょうか。他の英会話のテキストとはかなり違う構成で、特殊なテキストですよね。

ですが、中学初歩のステージ1から、複雑な会話まで対応できるステージ12まで幅広い内容となっており、制覇できれば相当な力がつきます。

また、復習が重要なカランメソッドでは、テキストは必須です。

ぜひ皆さんも購入して、カランメソッドに挑戦してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました