ネイティブキャンプのスタディサプリ連携教材を使ってみた!

ネイティブキャンプ

オンライン英会話のネイティブキャンプには、実に30種類を超える教材が用意されています。業界トップクラスの充実ぶりです。

その教材の中に、英語アプリ「スタディサプリ」と連携した教材が登場しました! ビジネス英会話と日常英会話の2種類です。

さっそく、この教材で実際にレッスンしてみたので、内容や教材の質などをレビューしてみたいと思います。

この記事を書いた人
カランキャンパー

ネイティブキャンプのカランメソッドに挑戦中の会社員。
学校の成績はいいのに会話・リスニングは全くダメ
⇒ 音読と瞬間英作文に取り組む
⇒ TOEIC270点アップ!
⇒ ネイティブキャンプでカラン200レッスン超え
⇒ TOEICスピーキング170点到達!(200点満点)

カランキャンパーをフォローする

スタディサプリ連携教材とは?

スタディサプリで学習したことをオンライン英会話で実践

英語学習アプリNo.1とも言われる「スタディサプリ」。そのスタディサプリとの連携教材は、アプリで学習したフレーズをレッスンで実践できる教材です。

具体的には、アプリの各レッスンに入っている3つのフレーズについて、オンライン英会話のレッスンの中で使っていきます。

アプリでインプット、レッスンでアウトプットができるというわけですね。

日常英会話とビジネス英語の2種類

スタディサプリのアプリには、TOIEC対策、日常英会話、ビジネス英語の3つのコースがあります。

ネイティブキャンプの教材は、そのうちの2つのコースに対応しています。

スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース Daily教材

  • スタディサプリの「新日常英会話コース」に対応
  • 日常会話、旅行、おもてなしのための英語などが学べる

「スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース Daily教材

  • スタディサプリの「ビジネス英語コース」に対応
  • 電話応対、会議、プレゼンなどでのビジネス英語が学べる

TOIEC対策は対応していないので、TOEICのスコアアップが必要な人には少し残念ですね。

スタディサプリに登録していなくても使える

これらの教材は、スタディサプリの有料会員に登録していなくても利用可能です。ネイティブキャンプの会員であれば誰でも使えます

レッスン中に、スタディサプリの学習内容を聞かれたりすることもありません。

もちろん、教材の趣旨から言って、スタディサプリを使っていたほうが効果的なのは言うまでもありません。

ですが、単純に「日常会話で使うフレーズの練習をしたい!」といった目的の人の教材としても使えます。

※スタディサプリも使ってみようかなと思う方はこちらをご覧くださいね↓
≫ スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース
≫ スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース

スタディサプリには、「英会話セットプラン」というネイティブキャンプのレッスンも受けられるお得なプランがあります。ネイティブキャンプの会員でない人はこちらがよいかもしれませんね。
≫ スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース 英会話セットプラン
≫ スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース 英会話セットプラン

レッスンの具体的な流れ

それでは、スタディサプリ連携教材のレッスンの流れを具体的に見ていきましょう。

流れ自体は、日常英会話コースもビジネス英語コースも同じです。ここでは、ビジネス英語のほうを例に解説します。

キーフレーズを使って、シチュエーションに合った英文をつくる

まずはじめに、今回のキーフレーズを確認します。その後、このフレーズを使うシチュエーション(状況)とタスク(何を言うか)が与えられます

上のスクショの例で言うと、こんな感じですね↓

キーフレーズ
「I can see you; can you see me?」
(見えますよ。見えますか?)

シチュエーション(状況)
あなたは海外の同僚とのビデオ会議に参加しています。

タスク(言うべきこと)
同僚から、ちゃんと見えているかと聞かれます。見えていることを伝え、同じ質問を返してみましょう。

つまり、「ビデオ会議に参加していて、同僚から『見えているか』と聞かれるので、キーフレーズを使って答えましょう」というわけです。

先生が同僚役になって質問してくれるので、そのあとに答えます。

Can you see me?

I can see you; can you see me?

1レッスンにつき3つのキーフレーズを学習するので、同じような練習を他の2つのフレーズについても行います。

シチュエーションとタスクについては、生徒が音読します。

シチュエーションを変えて練習

次に、シチュエーションを変えて練習します。ここでは、3つのキーフレーズのうちのどれを使うか自分で考えて答えます。

上のスクショの例では、シチュエーションが「会議の冒頭でカメラが正しく動いているか確認したい」というものに変わっています(あんまり変わっていませんが…)。このシチュエーションに対して先生と会話します。

OK. I think my camera is on now.

Good. Now I can see you; can you see me?

これも3つのフレーズについて練習します。

自分のシチュエーションで自由作文

最後に、自分自身の生活や仕事のシチュエーションを考えて、キーフレーズを使った自由作文をします。

例えば、こんな感じ。

I will use key phrase 1.

”The Internet connection was poor in our previous meeting, right?  However, it’s quite well this time! I can see you very clearly. How about you? Can you see me?”

さらに、可能であれば、このシチュエーションについて英語で説明するアクティビティも行います。

実際にレッスンしてみた感想

では、次に、実際にレッスンを受けてみた感想を書いてみたいと思います。日常英会話とビジネス英語の両方のレッスンを1回ずつ受けてみました。

実践的なフレーズを学べる

教材に収録されているフレーズはどれも実践的で、会話や仕事の場面ですぐに使えそうだなとというものがそろっています。

しばらくするとすぐに忘れてしまいそうという感じはありましたが、自分でしっかり復習していけば、確実に会話力がアップするだろうと思います。

復習のときにもスタディサプリのアプリを使い、アプリとレッスンを最大限に活用するとさらに効果的だと感じました。

初心者でも十分使える

この教材のレベルは10段階で4〜9となっているのですが、それほど難しくありません

あらかじめ与えられたキーフレーズを使って作文すればいいので、英語にそれほど慣れていないくても十分にできると思います。

先生の質問文もテキストに書いてあるので、「何言ってるか分からない…」ということもありません。

初心者や初中級者も十分使える教材だと思います。

中級者以上はレッスンに工夫が必要

逆に、中級者以上の人には少し退屈な教材かもしれません。

自分で自由に文章をつくっていく余地が少ないですし、いちいちシチュエーションを音読したりするのにも時間をとられます。

中級者以上の人が受けるときは、レッスンに工夫をする必要がありそうです。具体的には以下のような感じです。

  • キーフレーズを使った文1つだけでなく、自分でいろいろ付け加えてみる
  • 柔軟にレッスンしてくれる先生を選ぶ

先ほどの例で言えば、「I can see you; Can you see me?」ではなく、「Can you see me and hear me clearly?」としてみてもいいかもしれません。

あるいは、さらにその後に文章を付け加えてもいいですね。

このときのポイントは、柔軟にレッスンしてくれる先生を選んでおくこと

そうした先生だと、付け加えた文章に対して、さらにアドリブで会話してくれたりします。

また、「By the way, have you ever join an online meeting before?」のように、新しい話題を振ってくれたりもします。

先生のレビュー欄を見ると、どんなタイプの先生かある程度わかるので、参考にするといいですね。

私が1回目に受けたときは、新人の先生で、話が広がらず、内容の薄いレッスンになってしまいました。2回目も新人の先生でしたが、話をいろいろ振ってくれて、アウトプットをたくさんすることができました。

まとめ:アプリとレッスンをうまく活用すれば重要フレーズがしっかり身につく

というわけでこの記事では、ネイティブキャンプのスタディサプリ連携教材についてレビューしてみました。

よく使うフレーズを効率的に学習したいという人にはぴったりの教材。復習をしっかりすること、レッスンの受け方を工夫することがポイントです。

もちろん、スタディサプリのアプリも使えば、より効果的です。

気になった方はぜひレッスンを受けてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました